page top

信州ドクターヘリ松本

県内2機目の信州ドクターヘリ、運航開始!

長野県は今年(平成23年)10月1日、2機目となるドクターヘリの運航が信州大学医学部附属病院を基地病院に開始されました。広い県土を持つ長野県では、県民の命を一刻も早く救うため複数機の運用が必要であり、昨年(平成22年)から検討委員会を設けて2機態勢についての検討を行ってきました。

ドクターヘリとは、人工呼吸器などの医療機器を備え、救急専門医と看護師を乗せ、直接救急患者の元に向かう専用のヘリコプターです。

ドクターヘリを用いる最大の利点は、救急患者のいる救急現場に医師・看護師を素早く送り届け、すぐさま救命処置を開始し、適切な医療機関への迅速な搬送が可能になること。救急患者への適切な治療がいち早く行われることにより、救命率の向上や後遺症軽減が見込まれます。

長野県におけるドクターヘリは、平成17年7月から佐久総合病院を基地病院として運航が開始され、年間約300件、現在(平成23年11月)まで1,900件を越える出動があります。

2機態勢となったことで、重複要請等により出動できなかった事案への対応や、地域によっては救急現場等への早期到着が可能となり、県民の安心・安全の確保に寄与することが期待されます。

全国知事会ホームページより抜粋

※信州ドクターヘリは長野県からの受託事業として運航しています。

【お問合せ】長野県健康福祉部医療推進課 TEL 026-235-7131

このページの先頭へ

ドクターヘリ運用の流れ

信州ドクターヘリは長野県内の消防本部からの要請で出動します。
※県民の皆様が直接ドクターヘリを要請することは出来ません。

図:運用の流れ

  1. 傷病者発生 119番通報(消防本部につながります)
  2. 消防本部でドクターヘリが必要か判断(キーワード方式)
  3. 必要と判断した場合、信州ドクターヘリ松本通信室(CS)にホットラインでヘリ要請
  4. CSで情報確認、同時にフライトドクター・ナースは出動(要請から3~4分で屋上ヘリポート離陸します)
    傷病者の詳細情報・追加情報などは飛行中に無線でやりとりします

現場活動の流れ

図:ランデブー方式

【ランデブー方式の場合】
ランデブー方式とは、あらかじめ決められたヘリの着陸地点(ランデブーポイント)でドクターヘリと救急車で搬送された患者が接触する方式です。
消防本部と基地病院CSとでランデブーポイントを選定、時間調整します。
ドクターヘリはランデブーポイントに直行します。
患者は現場から救急車でランデブーポイントに搬送します。
ランデブーポイントでフライトスタッフは患者と接触、治療開始、搬送します。

図:ランデブーGO方式

【ランデブーGO方式の場合】
ランデブーポイントと救急現場が離れている、救助に時間がかかる、救急車が現場まで行くのに時間がかかるなどの場合、ランデブーポイントから支援車でフライトドクター・ナースが現場に向かうことがあります。

【現場直近の場合】
あらかじめ決められたランデブーポイントではなく、安全が確保された現場近くに支援隊の誘導で着陸することがあります。患者の直近に着陸できるのでいち早く医療開始できます。

このページの先頭へ

運航時間・運航範囲

運航時間

信州ドクターヘリの運航時間は原則的に午前8時30分から午後5時までです。
ただし日没が午後5時前の場合は日没時間までが運航時間です。

運航範囲

長野県は信州ドクターヘリ松本・佐久と2機体制でドクターヘリ運用しています。効率の良い運航のため県内を2つに分けて活動しています。もちろん、それぞれの活動状況に応じて相互補完しています。

名称 活動エリア 基地病院
信州ドクターヘリ松本 中南信 信州大学医学部附属病院
信州ドクターヘリ佐久 東北信 佐久総合病院

図:ドクターヘリ運航範囲
信州大学医学部附属病院屋上ヘリポートからのフライト時間。およそ30分で県内全域をカバーできます。

このページの先頭へ

要請基準

指令室員が覚知内容(key word)から判断する場合(救急車とドクターヘリの同時要請方式)

1:外傷・外因性疾患

  • 車や重機に閉じ込められている、挟まれている、轢かれた
  • 下敷きになった、はね飛ばされた
  • 車両が横転している、車両から放出された、高速で衝突した
  • 高所から転落した、墜落した
  • 爆発した、雷が落ちた、感電した
  • 撃たれた(銃創)、刺された(刺創)
  • 指や手足が切断された、大出血している
  • 手足が動かない(脊髄損傷の疑い)
  • ひどい火傷をした(広範囲熱傷の疑い)、顔が焼けている(気道熱傷)
  • 息を苦しがっている(窒息)、溺れている
  • 意識がなく体がひどく冷たい(低体温症)
  • 列車の衝突・航空機の墜落・船舶の事故(火災、転覆、沈没等)が起こった

2:呼吸・循環障害

  • 胸が突然ひどく痛い・しめつけられる
  • 背中が突然ひどく痛い
  • 息が突然ひどく苦しい(アナフィラキシーも含む)
  • 冷や汗がでる

3:脳神経疾患

  • 片方の手足が突然動かない(片麻痺)
  • 呂律が突然まわらない(言語障害)
  • 意識が突然なくなった
  • 激しい頭痛が突然起こった
  • けいれんを突然始めた

4:心停止

  • 小児・青年・壮年者で意識がなく、呼吸もないまたは極端に少ない

5:その他

  • 指令室員がドクターヘリを必要と判断したとき(多数傷病者が発生しトリアージが必要な状況も含む)

救急隊員が現着時に判断する場合

1:生理学的評価(外傷を含む全ての疾患を対象とする)

  • 呼吸数10/分未満または30/分以上
  • SpO2< 90%
  • 血圧90㎜Hg未満または200㎜Hg以上
  • 脈拍120回/分以上または50回/分未満
  • JCS100以上またはGCS 8以下
  • 低体温または高体温

2:外傷

a.解剖学的評価

  • 顔面・頚部の高度損傷
  • 頚部・胸部の皮下気腫
  • 外頚静脈怒張
  • 胸郭動揺・フレイルチェスト
  • 胸郭開放創・開放性気胸
  • 腹部膨隆・筋性防禦
  • 骨盤動揺・下肢長差
  • 上腕・大腿に2本以上の骨折
  • 頭頚部から鼠径部の鋭的損傷
  • デグロービング損傷
  • 15%以上の熱傷・気道熱傷
  • 四肢轢断
  • 開放性頭蓋骨陥没骨折
  • 多指切断
  • 四肢麻痺

b.受傷機転評価(高エネルギー外傷の可能性を評価)

  • 同乗者死亡
  • 車の高度損傷(例:車両が50cm以上または客室が30cm以上つぶれた)
  • 救出に20分以上
  • 歩行者または自転車が跳ね飛ばされた(例:3m 以上飛ばされた、時速35 ㎞以上で衝突された)
  • 高所(6m以上)墜落(屋根や立木など)

3:内科疾患

  • 脳卒中の疑い(片麻痺、構語障害、顔面麻痺)
  • 急性心筋梗塞/急性大動脈解離の疑い(胸痛、背部痛、冷汗)
  • その他、呼吸障害または急性中毒(生理学的評価に該当する病態)

4:心停止

  • 小児・青年・壮年者で目撃者がいる心停止
  • 低体温を伴う心停止
  • 心室細動または無脈性心室頻拍を認めるもの
  • 心拍が再開したもの

5:その他

  • 災害や大事故などでトリアージ要請を要するとき
  • 現着の救急隊員がドクターヘリを必要と判断した場合
  • 指令室員が覚知内容(key word)から判断する場合に該当する病態

病院転送の運航

1:要請

  • 要請者
    病院転送は、要請判断基準に基づき、消防機関を通じて行う。
  • 要請判断基準
    搬送元医療機関の医師又は搬送元医療機関を所管する消防機関は、患者の状況等を勘案し、高次医療が必要とされる症例で、ドクターヘリによる搬送が有効な場合に、ドクターヘリの搬送を要請できるものとする。
    例)緊急手術を要する症例(重症外傷、急性大動脈解離など)
    緊急心臓カテーテル検査を要する症例(心筋梗塞など)
    緊急検査と緊急薬物療法を要する症例(脳卒中など)
    その他の重症者
    ただし、ドクターヘリ出動の最終判断は、基地病院が行う。

2:出動

  • 患者の状況確認
    基地病院は、要請した医師に対して患者の状況を確認し、ドクターヘリによる病院転送が適切と思われる症例の場合に出動させる。
  • ヘリポートの安全確保
    ヘリポートの安全確保は、原則として要請した病院又は診療所及び搬送先の病院が、消防機関の協力を得てそれぞれ行う。ただし、離着陸場所の最終的な安全確認は機長の判断で行い、ドクターヘリの機長の判断で離着陸ができる。

3:傷病者の病院搬送

  • 搬送先病院への連絡
    ドクターヘリ通信センターは、搬送先病院に対して患者の収容を、搬送先病院の所在する消防機関に対して安全管理等の受入体制確保について連絡要請する。
このページの先頭へ

フライトスタッフの条件

ドクターヘリでは、限られた医療資材で現場救急処置を行うため、臨機応変な対応が求められます。そのためフライトドクター・ナースは、どのような外傷・疾患に対しても対応可能な救急専門医・救急科ナースがあたります。
具体的な条件は各基地病院で基準を決めています。
信州ドクターヘリ松本では以下の基準を決めています。(条件は今後検討を加えていきます)

フライトドクターの条件

【選定基準】

  • 救急科専門医(どんな疾患に対しても初期対応が出来る)
  • 日本航空医療学会ないしHEM-NETの講習受講済みの者(ドクターヘリについての十分な知識を身につけている)
  • OJT20回以上経験した者(フライトドクターとして現場で責任をもてる)
  • 麻薬施用者(現場で鎮痛処置を行うため)

【OJT搭乗基準】

  • 当高度救命救急センターにて1年以上の勤務歴を有すること
  • 救急科専門医ないし2年以内に受験予定の者
  • ICLS・ACLSプロバイダー、JATECプロバイダーJPTECプロバイダー
  • 日本ないし長野県DMAT隊員もしくは同等の知識を有する者
  • 長野県内の主要救急病院の位置と病院機能を理解していること
  • 概ねの気道困難の気管挿管を単独で完遂できること
  • ドクターカーによる病院前診療経験が5回以上あること
  • ショック患者のER対応をリーダーとして行えること
  • 本人のドクターヘリ搭乗希望と家族の承諾があること

フライトナースの条件

フライトナースの選考基準は、日本航空医療学会のフライトナース委員会において以下の3点が定められています。

  • 看護師経験5年以上救急看護経験3年以上、または同等の能力があることが望ましい。リーダーシップがとれる
  • ACLSプロバイダーおよびJPTECプロバイダー、もしくは同等の知識・技術を有している
  • 日本航空医療学会が主催するドクターヘリ講習会を受講している。

しかし、フライトナースの人選は各基地病院に委ねられているため、当院ではこの選考基準や他院のものを参考にし、以下のようにフライトナースの選考基準を定めています。

【当院における選考基準】

  • 看護師経験5年以上かつ救急看護師経験3年以上
  • ER、救急病棟でリーダー経験がある
  • 救急クリニカルラダーでレベルIII以上である
  • JPTEC・JNTECプロバイダーおよびACLSプロバイダーで本人が希望し、家族が了承している
  • 責任感、コミュニケーション、リーダーシップ能力がある
  • 日本航空医療学会主催のドクターヘリ講習会を受講している事が望ましい

以上を考慮し、高度救命救急センターの師長、副師長が承認した者

このページの先頭へ

スタッフ紹介

信州ドクターヘリ松本のスタッフ集合写真

このページの先頭へ

フライトドクター・ナースの一日

出勤後にフライトスーツに着替えます。
8:15 ヘリポート前室にて出動準備開始
出動時に持参するバックの内容を医師、看護師が一緒にチェックします。
バッグは4種類、ドクターバッグ(赤)・ナースバッグ(オレンジ)・外傷バッグ(青)・小児バッグ(緑)です。
写真
写真
写真
8:30頃 ヘリは松本空港の格納庫から信大ヘリポートに到着。
その後ヘリ内の機材も入念にチェックします。(無線機・モニター・人工呼吸器・その他物品)
点検終了後にパイロット、整備士、CS、フライトドクター、フライトナースで朝の安全ブリーフィングを行います(気象は・・・、航空情報は・・・、搭載燃料は・・・など)。
これらのチェックが毎朝9時までに行われています。
写真
写真
写真
  要請待機中は、高度救命救急センター内で待機、出動コールでCS室に駆け込みます。
※写真は、救急車対応中、カンファレンス中のフライトスタッフです。
要請があれば、CS室で情報を得て、エレベーターでヘリポートまであがり、ヘリに乗り込みます(要請から離陸まで約3分です)
写真
写真
写真
15:30 CS室で、当日の活動についてデブリーフィングを行います。
当日の反省や良かった点などをスタッフ間で共有、次回の活動に繋げます。
デブリーフィング後も引き続き出動待機です。
ヘリは日没に合わせて松本空港に帰ります(ヘリの帰投時間に合わせて、物品の積み卸しを行います)。
その後、活動記録を記入・ブログ作成などの事務作業を行い、業務終了となります。
写真
このページの先頭へ

物品説明

ドクターヘリの機内には、救急治療に必要な医療機器や薬品等が搭載されています。

ドクターバッグ 聴診器など診察道具他、気道管理ができるよう必要物品が収納されている。外傷の初期診療における迅速簡易超音波検査法ができるよう小型の超音波診断装置(エコー)も収納されている。 写真
写真
ナースバッグ 強心薬、降圧薬、抗不整脈薬など治療に必要な薬剤他、麻酔薬、鎮痛薬、鎮静薬などの管理の必要な薬品類も収納している。
また静脈血管確保(点滴)ができるよう、注射針等の必要物品が収納されている。
写真
写真
酸素 ドクターヘリには2つ酸素ボンベ(大・小)が搭載されている。1つはドクターシート後ろにヘリ内に固定されている大きな酸素ボンベ。1つはストレッチャー横に着いている携帯用の小さい酸素ボンベ。
患者監視モニター 心電図、血圧計、酸素飽和度、呼吸数などを測定、連続して表示できるモニター。小型で耐震性であり、ヘリの外でも使用できる。
除細動器 不整脈の傷病者に電気ショックをかけることができる機器。小型で耐震性であり、ヘリの外でも使用できる。 写真
シリンジポンプ 微量かつ持続的に薬剤を投与できる機器。 写真
人工呼吸器 人工呼吸を自動的に行うための機器。
吸引器 電気によって陰圧になったチューブで、人体の中の分泌物や血液などを吸引する機器。 写真
ストレッチャー 傷病者はこれに寝てもらい、搬送する。 写真